CATGORY

スポンサーリンク

ハードウエアを選ぶ時はメリットを十分知ったうえで!!


スポンサーリンク

端末の価格

スマホ、タブレットなどの端末代は最低2〜3万円かかります。世界的に見ると、Androidを搭載したスマホの方が、iPhoneより安いんですが、日本ではそれほどの価格差がないため、iPhoneのシェアの方が若干多い。

同じ価格帯なら、おしゃれなイメージで値崩れしにくいiPhoneがいいというわけなのでしょう。でも、これまで説明してきたように、端末によって、それぞれメリット、デメリットがあるので、目的に合ったハードを選んで使いこなすことが重要です。

端末の価格の比較
○スマホ・・・2万〜6万円程度。2014年前半では、iPhone5s(標準価格8万円前後)が一番人気。新規でお得なプランを利用すれば、端末の負担代が0になることも。

○タブレット・・・3万〜10万円程度。最近注目のタブレットは、10インチで解像度がフルHD以上の機種。Omni10(日本HP)であれば、5万9200円程度でコスパも◎ 小型のタブレットでは、高速CPUと解像度がフルHDの次世代8インチのもので、レノボのThinkPad8なら5万円〜。

△ノートパソコン・・・5万〜20万円程度。最新の注目モデルは、キーボードが分離してタブレットにもなる、7WayノートPC「東芝のKIRA L93」は最安値で18万円前後。タブレットとノートパソコンの両方を買うことを考えると、決して高くないかも。

おすすめ記事


スポンサーリンク

ガジェット情報お役立ちサイト一覧☆

記事検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索